オーバーホールを受ける必要性ってあるの?

こんにちはgearshopです。本日はオーバーホールってする必要あるの?そんな疑問にお答えしていこうと思います。

リールオーバーホールとは、フィッシングリールを分解し、清掃、検査、そして部品の交換が必要な場合には交換を行う作業のことを指します。
リールオーバーホールは、リールを長持ちさせるために重要なメンテナンスの1つです。
ここでは、リールオーバーホールを定期的に実施することの重要性について詳しく説明します。

リールの性能を維持するために

リールは、常に湿気や砂などの外部要因にさらされているため、部品に摩耗や錆が生じ、性能が低下する可能性があります。リールオーバーホールを定期的に実施することで、部品の摩耗や錆を取り除き、リールの性能を維持することができます。これにより、釣りに必要な感度や回転のスムーズさが維持され、釣りの成功率を高めることができます。

安全に釣りを楽しむために

リールには多くの部品があり、その中には非常に小さなものも含まれます。これらの部品が摩耗や破損している場合、リールが正常に動作しなくなるだけでなく、破損することで危険な状況に陥る可能性があります。リールオーバーホールを定期的に実施することで、釣りをより安全に楽しむことができます。

リールの寿命を延ばすために

リールには、長期間使用しているうちに必ず劣化が生じます。しかし、リールオーバーホールを定期的に実施することで、摩耗や破損した部品を交換することができます。
このようにして、リールの寿命を延ばすことができます。リールを定期的にオーバーホールすることで、新しいリールを購入する必要がなくなり、結果的に経済的なメリットが生じます。

メンテナンスコストを削減するために

リールオーバーホールを定期的に実施することで、メンテナンスコストを削減することができます。
定期的にリールオーバーホールを行うことで、部品の交換や修理が必要な場合でも早期発見することができます。そのため、交換や修理が必要な部品を早期に交換することで、より高価な修理費用を抑えることができます。また、リールオーバーホールにより、リールの性能を維持することができます。そのため、部品の交換や修理が必要になる前に、リールの性能を維持することができるため、修理コストを大幅に削減することができます。

釣りの楽しみを増やすために

リールの不具合や故障によって釣りの楽しみが減少することがあります。
リールオーバーホールを定期的に実施することで、リールの性能を維持し、釣りを楽しむことができます。
また、釣りにおいて、リールの性能は非常に重要です。リールオーバーホールによってリールの性能を維持することで、より良い釣り体験を得ることができます。

まとめ

以上のように、リールオーバーホールを定期的に実施することは、リールの性能を維持し、安全に釣りを楽しむことができるだけでなく、リールの寿命を延ばし、メンテナンスコストを削減することができます。釣りの楽しみを増やすためにも、リールオーバーホールを定期的に実施しましょう。最適なオーバーホール頻度はリールの種類や使用頻度によって異なるため、メーカーの指示書や専門家のアドバイスを参考にすることをおすすめします。

熊本のオーバーホール専門店gearshopです。
あなたの大切なフィッシングリールのオーバーホールのお手伝いをさせていただきます。
複数名のスタッフで対応しておりますので、納期も短く対応可能です。
リールのかかりつけを目指してます!
お気軽にご相談ください。ご相談はお申し込みフォームかメール、お問い合わせ、各種SNS等でお受けしております。

Follow me!